アクセス解析
想像の世界~アダルト小説ブログ~ 変態家族 第1話
FC2ブログ

想像の世界~アダルト小説ブログ~

昼下がりの淫ららかなひとときに・・・ 夜の眠れない時のお供としてお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
両親が離婚したのは、中3の受験の真最中の事。
有名進学校を目指していた僕は、四六時中勉強していた。家にいないのは学校に行っている時と塾の時だけ。その塾も週3日だったので、ない日はすぐに家に帰って勉強していた。
母は、その時で38歳。専業主婦だったが、テニスやらフィットネスクラブなどに行っていて自由に過ごしていた。見た目でも派手な生活をしている感じだった。

その日は、塾の日だったのだが、具合が悪く休むことにしたので学校が終わるとすぐに帰宅した。玄関の鍵が開いており、見たことのない靴が置いてあった。お客さん?だろうとリビングに行かず、自分の部屋に行った。
すると、両親の寝室の前を通った時に、声がするのが聞こえる。しかも、叫び声に似た声。
まさに、男と女がしている時の声だった。
そぉ~とドアを開けると、寝室のベッドの上で裸になった知らない男と母が抱き合っていた。
母の見たことのない恍惚な顔と聞いた事のない歓喜な声。何か見てはいけないものを見た気がして、すぐに家を出た。家にいてはいけない気がしたのだろう。

暫く、近くの公園で時間を潰し、塾が終わる時間ぐらいまでいた。
そして、家に帰った。母は、いつもと変わらない顔で僕に接した。
その夜、僕は高熱を出し寝込んでしまった。

その頃から、母と父の言い合いが続くようになった。
父の帰りは毎日遅く、帰って来ない日もあった。僕がその事に口を出すと、かなり怒る。

僕の事など、まったく考えていないようだったので、次の塾の日も休んですぐに家に帰った。案の定、母は男を連れ込み、寝室でやっていた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。