アクセス解析
想像の世界~アダルト小説ブログ~ 人妻日記 第10話「逃げられない関係」
FC2ブログ

想像の世界~アダルト小説ブログ~

昼下がりの淫ららかなひとときに・・・ 夜の眠れない時のお供としてお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「まったく、なにやってんだか!風呂は入ってくる!!」

空き缶をカウンターテーブルに置き、風呂場に向かいました。
夫が行ったのを確認した息子は、スクッと立ち上がりました。

 「負けてると機嫌悪くなるんだから・・・でも、それの方がいいけどね」

いきなり息子は私にキスをしてきました。
舌を入れられ、私の舌に絡みつかせます。手で、胸とお尻を弄り、胸のボタンを外され、オッパイを剥き出しにされました。

 「だめよ・・・こんな所じゃ・・・ああん・・・・」

 「母さん・・・好きだよ・・・」

乳首を吸われ、アソコを弄くられています。体が自然と動きます。声は出せないので余計に感じてくるのです。

 「母さん・・・しゃぶってくれよ・・」

息子は、自らズボンのチャックを下ろし、大きくなったモノを取り出しました。
先っぽからは、ガマン汁がいっぱい出ています。
私は、かがみ、息子のモノを口で奉仕しました。ペチャペチャといやらしい音を立てながら、亀頭やカリ、筋を一生懸命に奉仕したのです。

 「早く出して!夫があがってくるから・・・」

 「母さん・・・気持ち良いよ・・・出そうだ!飲んでくれる?」

 「いいわ・・・口の中に出して!」

 「出る・・・出るぅ~~~!!」

口の中に苦い精液がドピュ~~~~~っと入ってきました。舌に絡みネバネバしています。

 「ハァハァ・・・早く飲み込んでよ・・・」

私は、我慢しながらゴクッと精液を一気に飲み込みました。

 「母さん・・俺の精液飲んでくれたんだ・・・嬉しい・・・」

その時に、浴室のドアの音がしました。夫が戻ってくる・・・急いで服を整えました。息子もアレをしまい、何もなかったように、夫とすれ違い風呂に向かって行きました。
やっと、後片付けも終わらせる事が出来たのです。

でも、私の体は悶々としたまま。夜、寝室で夫にしてもらえるように派手な下着で挑発したのですが、夫は私を無視するかのようにすぐに眠りに付いたのです。

スッキリしないまま、翌朝を迎えました。
朝食の支度をし、夫が一人で食べています。

 「Yはまだ起きないのか?」

 「はい・・・」

 「しょうがないヤツだな・・・起こしてきてくれないか?」

 「え?・・・は、はい・・・」

息子の部屋に行くのが、とても憂鬱でした。行ったら、また体を求められそうで・・・。
でも、行くしかありませんでした。階段を上がり、部屋のドアをノックしました。

 「Yくん、入って良い?」
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
お風呂に上がったら、妻の口からクリの花の匂いがー・・・(笑)。
精液ゴックンなんてもう随分してないなぁ・・・。
チンポに付いたのをお掃除フェラしてあげるくらいだもーん♪
2006/06/06(火) 12:52:36 | URL | アヤ #195Lvy4Y[ 編集]
アヤさんのって、そんなに匂うの?(笑)
どんな匂いなんだろう?クンクン( ̄●● ̄;)ニオウゾッ

自分の精液の匂いと混ぜたら、フルーツの匂いになるかな?(笑)
2006/06/06(火) 21:01:30 | URL | J&A #3VVjZltY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。