アクセス解析
想像の世界~アダルト小説ブログ~ 指戯 前編
FC2ブログ

想像の世界~アダルト小説ブログ~

昼下がりの淫ららかなひとときに・・・ 夜の眠れない時のお供としてお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の妻は、肩こりや腰痛に悩んでいた。毎日のようにだるそうにしている妻を何とかしてあげようと、マッサージの本や、ネットで調べて調べ、妻にマッサージをしてあげた。
そのお陰か、私のマッサージの腕も上がった。調べると、性感マッサージがある事を知ったのだ。試しに妻にしてみたら、これがかなり効いたようで、いつもより感じて、すぐにでも絶頂を迎えるようになったのだ。

そんな時、妻から友人が腰痛で悩んでいると言う。話をして見たら、やって欲しいと言うのだ。その友人とは、小学校に通う息子と同じクラスの母親。
最初は当然、断った。いくらなんでも人の奥さん、しかも、顔も知らない女性にいきなりマッサージをするなんて・・特に素人同然の私が・・・である。
その時は、妻も無理強いしなかったのだが、その奥さんは、やって欲しいと妻に頼み込んだ。断れない性格の妻は、どうしてもと私に頼むので、仕方なく了解した。

2人きりと言うわけにはいかないので、日曜日の旦那さんがいる日を選び、妻と子供に付いてきてもらった。両方の家族で世間話をし、奥さんの心をほぐしてから、布団の上にうつ伏せで寝てもらった。子供たちだけでを遊ばせ、周りには、妻と旦那さんがいる。

人前でやるのはもちろん初めてだが、冷静に妻にやっている感じで、マッサージを行った。
緊張していたのは、私だけだったみたいだ。奥さんの体は、無駄に力が入らず、私のマッサージを受け入れてくれているようだった。

マッサージをしていると分かる、腰の張り、そしてそこからくる肩こり。足のむくみもある。どうやら、腰のゆがみからくる痛みだと分かった。本当なら専門に見てもらった方がいいのだが、この程度なら私でも何とかなる。

約1時間のマッサージを終えた時には、奥さんはマッサージの気持ちよさからか、眠ってしまった。
私たちは、そのまま奥さんを寝かせたまま、家を後にした。

その夜、奥さんから私に電話がかかってきた。体が凄く楽になったと良い、お礼を言われた。
妻も喜んでくれ、自分の事のように嬉しそうだった。もちろん、妻と私は愛し合った。

何日かして、電話があった。妻が風呂に入っていた時だったので、私が出た。奥さんだった。妻は風呂だ言うと、私に用事があったみたいだ。もう一度、マッサージをして欲しいと言う事だった。私は、一発返事で了解した。ただ、今度は一人で来て欲しいと。しかも、妻には内緒にしてくれと言うのだ。何故?と気になったが、次の土曜日に行く事にした。

土曜日、午後に伺った。覚えたてのアロマグッズを手にして。
奥さんは、この前とどこか雰囲気が違ったように見える。なんか、前より綺麗になったおうな・・・。
あと不思議だったのが、奥さん以外の人の気配がしない。聞くと、旦那さんは子供を連れて、出掛けたそうだ。
少し、おしゃべりをし、奥さんにシャワーを浴びてきてもらった。その間に、部屋にラベンダーのアロマキャンドルを焚いた。
奥さんは、私の用意した衣服に着替えて布団の上に寝てもらった。シーツが汚れないように、タオルをシーツの上に敷いた。今回はオイルマッサージをするつもりだったのだ。

前回、みんなが見ていた手前、奥さんの肌を出すわけにはいかなかった。ジャージとTシャツの上からマッサージを行っただけだったので、今回、妻がいないのを良い事に、試す事にしたのだ。
もちろん、シャワーを浴びる前に奥さんに了解を得ていた。断られるかと思ったが、奥さんは簡単に応じてくれた。

まず、奥さんをショーツ1枚になってもらい、うつ伏せで寝てもらった。
最初に肩から手にジュニパーのオイルを付けほぐす。このジュニパー、血行を良くし、マッサージには最適なのだ。段々と、背中から下にオイルで塗りこむようにマッサージをし、太腿、足の裏等、満遍なくリンパ腺を目安にマッサージをしていった。
次に、仰向けになってもらった。当然、胸をタオルで隠し手で抑えてもらった。
お腹周りを重点的に、回すようにマッサージを行った。
脇腹に手を持って行くと、奥さんはくすぐったいのか、声が漏れる。

しかし、奥さんの体、線が細い。無駄な肉が付いていない。妻とは大違いだ。この前、マッサージした時にも思ったのだが、裸になるとそのスタイルのよさが目立つ。細い割には、胸は程よくある。年も妻より5歳若いせいだろうか?

マッサージをしながら、余計な事を考えてしまう自分がいた。少し触っても良いのだろうか?少しぐらいなら・・・・いや、妻の友人にそんなエッチな事を考えてはだめだ・・・。
その葛藤が頭の中を駆け巡っていた。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。