アクセス解析
想像の世界~アダルト小説ブログ~ バツイチ男の恋愛(前編)
FC2ブログ

想像の世界~アダルト小説ブログ~

昼下がりの淫ららかなひとときに・・・ 夜の眠れない時のお供としてお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私には、小学校1年になる息子がいる。妻とは息子が3歳の時に離婚した。離婚の理由は、妻の浮気が原因。1度きりの浮気なら私も許した。だが、3歳の息子を一人で家に留守番させて密会をし、小火騒ぎがあったのだ。近所の知り合いから連絡をもらい、駆けつけると、息子一人で大泣きしていた。幸い、息子も怪我もなく家もたいした事がなくてよかったのだが、何事もなかったように、家に帰って来た妻に私は、激怒し、そこで浮気している事を知った。

浮気した原因は私にもある。仕事仕事で、妻にかまっていなかったのも事実。その寂しさから浮気相手と過ちをしてしまった。だが、私が許せないのが、息子を大事に思っていなかった事だ。浮気を私のせいにし、息子に詫びる事もしなかったのだ。

私が離婚届を差し出した瞬間、妻は微笑んだように見えた。さすがに息子は大泣きしたが・・・。

もちろん、私が息子を引き取った。あれから3年。息子は、母親がいない寂しさを見せずに、育ってくれた。内心、寂しかっただろうに。

私も、寂しがらないように、仕事優先の生活をやめ、息子中心の生活をした。幼稚園に入園すると、積極的に行事に参加した。
見ていて分かる息子の、先生への態度。明らかに母親として接している。
そんな不憫な息子を見るたびに再婚を考えたが、バツイチの男を愛してくれる女性は現れなかった。

そして、今、息子が小学校に入学した。
担任の先生は、なんと、女性。年は30歳ほど。すぐにその先生になついたようだ。
入学式や、授業参観などで、顔は知っていた程度。三者面談もしたが、その時はなんとも思っていなかった。先生(佳織)には彼か、旦那がいると思っていたからだろう。

息子も家の事をしてくれるようになったお陰で、私も安心して仕事が出来るようになった。
付き合いで飲んで帰る事もあった。それでも、息子はしっかりとしていた。

そんな時だった。仕事帰りに、少し嫌な事があり、一人で飲みたい気分だった。
駅に着いて、家に電話すると、息子はいいよと言ってくれたので、駅そばの居酒屋に入った。暫く、カウンターで飲んでいると、私に声を掛けてくる女性がいた。

 「先生・・・?」

 「お一人ですか?」

 「ええ・・・先生は彼と待ち合わせですか?」

 「私も、一人なんです。ご一緒させてもらっていいですか?」

女性一人で、こんな小さな居酒屋に来るなんて・・不思議に思った。
聞くと、学校で嫌な事が合った日とか、良く来るそうだ。
そして、酒の勢いを借りて、先生のプライバシーを聞いて見た。

 「ご結婚されているんですか?」

 「え?私、独身ですよ。彼もいないんです」

びっくりした。こんな綺麗な先生が一人身なんて・・・。

 「私、先生になりたくて、一生懸命やってきたんですけど、気が付いたら、もう30前・・・誰もあいてしてくれなくなったんです」

先生の飲むペースが早いせいか、結構喋ってくれた。
なんか、先生と一緒に飲んでいると、今までの嫌な気分が全部吹き飛んだ気がし、楽しかった。
気がつくと、9時を回っていたので、居酒屋を出た。

 「今日は、楽しかったです」

 「こちらこそ、ありがとう!」

なんか、気分がよく、家に帰ってから、寝たばかりの息子に抱きついた。
息子は、いきなり起こされたので機嫌が悪かったが、すぐに寝た。

また、先生と飲みたいな・・・と思いながら、まるで夢のように、またいつもの生活に戻った。
さすがに毎日は来ないだろうと、暫く、居酒屋には行かなかったが、あの日から10日後に、行ってみた。もちろん、息子に電話して了解取ってから。

店に入ると、さすがにいない。少し飲んでから帰ろうと、カウンターで飲んでいた。
すると、私の横に女性が座る。

 「お久しぶりですね」
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。