アクセス解析
想像の世界~アダルト小説ブログ~ 団地妻の誘い(後編)
FC2ブログ

想像の世界~アダルト小説ブログ~

昼下がりの淫ららかなひとときに・・・ 夜の眠れない時のお供としてお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥さんは、私の両肩に両手を掛け、頬がくっ付いた。奥さんの良い香りが漂ってくる。まるでフェロモンのように、私は、奥さんの体に手を回し、抱きついていた。
久々に女性との抱擁。理性がなくなるのも当然だ。自然と口を合わせ、舌を絡み付かせる。
妻の幅広い肩に比べ、細い肩。そして、白い肌。

背中から、服を捲り、脱がそうとすると、奥さんは両手を挙げたので、スンナリと脱がせた。淡いピンクのブラが見える。ホックに手を掛け外すと、小ぶりのオッパイが私の目の前に飛び込んでくる。まだ30代前半のためか、張りはよく、垂れていない。

私も、来ていたTシャツを脱ぐ。お互い立ったまま、再び抱き合う。濃厚なキスをし、オッパイを揉む。乳首が固く勃起するのが分かる。

奥さんは、私の下半身にひざまずき、スウェットを脱がす。もう、私のアレはいきり立っている。パンツも脱がし、全裸になった私のアレを手で持つと、舌でペロペロと舐め始めたのだ。

亀頭を舐め回し、スジに舌を這わせる。手で袋を揉む。それを繰り返し、亀頭からパックリと口に含み、中では舌で舐める。
こんなフェラをしてもらった事がないので、一気に快感が走る。フェラしながらの上目遣いがなんともそそる。

 「私のも舐めて・・・」

奥さんは自らショーツを脱ぎ、全裸になると、床に寝転び、膝を立てて股を広げた。その股を覗きこむように、両手で足を広げながら持ち、アソコを見た。思ったより少ない陰毛、プーンと匂う、奥さんのいやらしい匂い。溜まらず、顔をアソコに近づけ、手で触って見る。指でワレメの上にあるクリを探す。ビラビラの柔らかさを感じながら、捲ると、綺麗なアソコの中が見えた。それに伴いジワット透明な液体が出てくる。ピンク色したクリを指で軽く触ると、奥さんの腰が反応する。

 「あっ・・・」

 「奥さんのここ、綺麗ですね・・・濡れてますよ・・・」

 「いや・・・恥ずかしい・・あまりジックリ見ないで・・・はぁ~~~ん」

私は堪らず、舌をクリに向けた。
 
 「あああ~~~~ん!だめぇ~~~!!!」

ちょっと舐めただけで、声も凄いがアソコの濡れ具合も凄い!
言っていたように、旦那さんとは暫くしていないようだ。こんなに若いのに、こんなに良い女なのに、もったいない。
私の欲情は、頂点に達したようで、思いっきりアソコをグチャグチャに舐め回した。
出るは出るは、奥さんの愛液。ピチャピチャと音がいやらしい。
アソコの中に指も入れて見る。もう、奥さんの乱れようは、服を着ていた時の清楚なイメージはない。指でイカせてやろうと思い、アソコをいじめた。

 「だめぇ~~~!いくぅ~~!!」

 「奥さん、いっちゃって!我慢しなくていいよ」

 「あああ~~~ん・・いくぅ~~~~~!!!ああああ~~~~!!」

アソコが痙攣しているかのように、ヒクヒクしている。息遣いも荒い。
奥さんの耳元で囁いた。

 「もっと、気持ちよくなりたい?」

当然の如く、奥さんは頷く。

 「じゃあ、入れるよ・・・ゴムと生、どっちがいい?」

 「生で入れて・・・」

私は、ゆっくりと、アレをアソコに挿入した。先っぽが入ると、もうスンナリと奥まで入って行く。根元まで入れると、少し休ませる。入れたまま、奥さんの口にキスをする。オッパイも揉む。決して腰を動かさない。そうしていると、奥さんの方から腰を動かし始めるに違いない。
思った通り、奥さんはアソコを締めてきた。子供を産んだアソコにしては、締りが良い。

 「お願い・・・動かして・・・もっと、気持ちよくさせて!」

このおねだりを待っていた。徐々に動かし始め、一気に突いた。突いて突いて突きまくった!

 「ああ~~~ん!いい~~~~~!!!」

奥さんのアソコは、一度いっているからかなり感じ易くなっている。私も、あまりに気持ちよさにいきそうになったので、一気に突いた。

 「奥さん、気持ち良いよ・・・奥さん、最高だ~~~!!」いくよ、いくよ!」

 「あああ~~~ん、私もいっちゃうぅ~~~~~!!一緒にイッテぇ~~~~!!」

我慢の限界が来た。当然、中に出すわけイカないので、出そう!と思った瞬間に外に出し、奥さんのお腹の上に放出した。
昇天した奥さんに抱きつくように覆いかぶさり、キスをした。
お互い、初めての不倫。後悔はなかった。悪いとも感じなかった。その時は・・・。

お互いの家庭に戻れば、お互いの事を忘れていつもの生活がある。
でも、2人きりで会えば、燃えるような愛を確かめるように抱き合う。
いつかはバレるか、別れる時が来るだろう。でも、今はそんな事は考えられない。

1度不倫した事で、お互いの何かが変った気がする。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。