アクセス解析
想像の世界~アダルト小説ブログ~ 不倫された人妻(完結編)
FC2ブログ

想像の世界~アダルト小説ブログ~

昼下がりの淫ららかなひとときに・・・ 夜の眠れない時のお供としてお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私たちと違って、ぴったり寄り添い長年の恋人同士のようでした。
お互い、言葉が出なく、自然と家に4人一緒に帰ったのです。

静まり返ったリビング。4人揃ったのはこれが初めて。
何故か、夫婦同士でなく、今までセックスしていた同士が隣でした。
暫くして、夫が重い口を開きました。

 「今日は、もう遅い・・・寝て明日話し合わないか?」

夫の言葉で、4人とも寝る事にした。どう言う訳か、夫と奥さんと一緒に客間で。私は、一人で寝室に。旦那さんは、リビングのソファで。
当然の如く眠れるはずもなく、寝室を出てキッチンに行き飲み物を飲んだ。そして、客間を通った時に、気になった私は、そぉ~っと覗いて見たのです。2人は抱き合うように寝ているように見えました。でも、よく見ると動いているのです。
まさか・・・?この家でしてるの?
耳を澄ますとかすかに聞こえる喘ぎ声。そのまま見続けると、夫が奥さんの上に覆い被さり腰を動かしています。下半身は布団が掛かっているので見えないのですが、確かに腰が動いているのです。そのうち奥さんの胸が露になり揺れてます。私より大きい・・・。
夫は、そのオッパイを顔に埋めています。

人がセックスをしている姿を生で見たのは初めて。しかも、相手が夫・・・。
夫は私より、奥さんが好き。奥さんを愛している。今の私には夫を取り戻す事が出来ない・・・。
このまま、ずっとこんな気持ちで過ごすのなんて嫌!

頭の中がどうかなったように、その場に着ていた衣類を全て脱ぎ捨て、セックスをしている2人の前に立っていたのです。

 「お前・・・なんでここに?」

 「奥さん!?」

2人は当然驚き、挿入していたアレを抜き、全裸の2人はその場に座り込んだのです。

 「なんで裸なんだ?」

奥さんは、布団を体に覆っている。

 「あなたはもう私の事なんか愛していないのね・・・でも、悔しい!このまま引き下がるなんて嫌!私も抱いて!奥さんとどっちがいいか、それで判断して!」

 「お前・・・何言っているんだ?正気か・・・?」

 「正気よ!冗談なんか言えるわけないじゃない!」

 「いいから、寝室に戻れ!」

夫はさすがに嫌がった。でも奥さんは、布団を取り、夫に後から抱きしめた。

 「いいわ・・私は、この人を愛してる・・奥さんから奪いたい!2人を抱いて・・・それで本当に好きな方を取って!」

奥さんは、夫に強烈なキスをした。私は負けたくない!と夫のアレを手で握り口で咥えたのです。

普通の人では理解できない行動かも知れない。奥さんは夫を愛している。夫も奥さんを愛している。私は、夫の妻としてこのまま夫を取られるのがどうしても我慢出来なかった・・
夫を取られると言う事は、今までの私の人生を取られる。家庭という幸せが取られる・・。
だから、こうするしかなかった。

夫は、私の見た事のない淫乱な姿に、これ以上にない勃起をしていました。
2人の女に愛撫される夫。2人でアレを舐められる。夫は奥さんのアソコを舐める。それを見ながら、私はアレをアソコに挿入する。グイグイと腰を押し付けながら、夫をいかそうとする。

 「あなた・・・中に出して良いのよ・・・いっぱい出して!」

中に出して貰って、子供が出来れば私の元に帰ってくる・・・。
でも、奥さんは、思ってみない意外な行動を取ったのです。アソコを夫の口に付けながら、私と向き合ったのです。そして、私に抱き付きキスをしてきたのです。

 「奥さん・・・」

 「私は、奥さんとずっと仲良くしたかった・・・これからも仲良くしたいんです・・・」

奥さんの気持ちが分からなくなった・・・。

 「旦那さんも好きだけど、奥さんも好きなの!」

夫をいかせるつもりだったのに、逆に私が先にイッテしまったのです。
代わりに奥さんが挿入されています。
もう気力がありません。ただ、2人の行為を見るしかなかった。もう終わり・・・。

2人ともいったようで、3人とも布団に寝ている。
涙が自然にこぼれ、止まらない。立って部屋を出て行きたいけど、体が動かない。

暫くして、奥さんが私の横に来た。

 「奥さん・・・奥さんさえよかったら、これから3人で仲良くしない?」

 「何馬鹿な事、言っているの?もうアノ人は貴方の物よ」

 「さっき言ったでしょ・・・奥さんも好きだって!奥さんがいなくなったら、旦那さんを愛するなんて出来ない」

もうわけが分からない・・・私はその場で気絶するように寝てしまった。
翌朝、起きると、その部屋には誰もいない。起き上がると頭が痛い。二日酔いかな・・?

リビングに行くと、そこには私の子供2人と夫、そして奥さんがいた。どう言う訳か、旦那さんはどこにもいない。朝食は奥さんが作ったようだ。

久しぶりの笑顔のある食卓。私だけが取り残されているよう・・。
朝食の食べ終わり、奥さんは片付けをして家を出た。夫と子供も出かけた。家には私一人になった。

頭痛がしていたので、暫くベッドで寝ていた。
そう言えば、暗くて分からなかったけど、奥さんの体・・・色んな所にあざみたいなのがあったような・・・。

夕方、子供たちが帰って来た。そして、奥さんとその子供も一緒に。
夫が帰ってきて、理由が分かった。暫くみんなで住む事になったと。

旦那さんは?と聞くと、今は警察にいると言う事だった。
私が知らなかった奥さんの家庭の事情。それは・・・家庭内暴力。普段はおとなしいが、急にキレる事が多く、奥さんだけでなく子供にまで暴力を振っていたそうです。
朝いないと思ってたら、夜中家に帰ったらしく誰もいない事で大騒ぎして包丁を持って暴れたそうです。それで逮捕となり今は留置場の中。身元引取りに奥さんが拒否したそうです。
子供は、奥さんの親の家に昨夜は預けていたそうで、もし家にいたら、子供はどうなっていたか・・・。

住んでいた家を売り、その資金で私たちの家は2世帯住宅にリフォームされ、奥さんの家族と一緒に住む事になった。

夢でも見ているように、理解不可能。でも、それが現実になっているのです。
結果的に、みんながそれぞれに思い通りになったわけです。

こんな現実どう思いますか?
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。