アクセス解析
想像の世界~アダルト小説ブログ~ 下着販売の人妻(前編)
FC2ブログ

想像の世界~アダルト小説ブログ~

昼下がりの淫ららかなひとときに・・・ 夜の眠れない時のお供としてお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は、通勤の最中に駅の売店でスポーツ新聞をよく買う。それを電車の中で読むのだが、一番のお気に入りが、風俗情報の下にある三行広告である。
男心をくすぐる文句が所狭しと印字されている。
例えば、「淫乱30代人妻」「素人オンリー」等など。言わずと知れた出張ヘルスの広告。三行なので詳しい事は書いていない。電話して確かめるしかないのだ。
電話すると、丁寧な応対をしてくれる。料金は、90分1万~5万ほど。店によって違うし、女性でも違ってくる。指定したホテルに行き、そこで女性を待つ。来た女性が好みと違うと、1回だけチェンジ出来る。OK!だとそこからスタート。

流れは、2人でシャワーを浴び、そこで体を洗ってくれる。終わると、ベッドに行き、フェラをしてくれ、その間に女性の陰部を舐めたりする。そして、股擦りでフィニッシュを迎え、終了。お金は前払いなので、女性はすぐに帰って行く。
という風に、これが普通。もちろん本番はない。強要もしてはいけない。

だが、三行広告の中には本番もあるし、騙しもあるので注意が必要。

私も、何度か三行広告にお世話になり、良い目や悪い目もあった。でも、やめられないのだ。店に登録したばかりの素人人妻にも会えたし、なんでこんな綺麗な女性が!?って言う女性とも出来た。逆に、かなり太目のおばさん(50代)の女性ともしてしまったり、若い子が良いと、頼んだらガングロの馬鹿女が来た事もあった。その時は興ざめしすぐに追い返し、その日はやめて家に帰った事もある。

今日も、三行広告をジックリ眺める。仕事は外回りの営業の為に、昼間は自由が利く。別にサボっているわけではないですよ。空いている時間を有意義に過ごすだけです。

三行広告を見ていると、面白いのがあった。「人妻の下着、買いませんか?」人妻のパンツ・・・なんて男心をそそるフレーズだ・・・シミ付きかな?デカパンじゃないだろうな?なんて考えながら、内容を聞きたくて電話してみた。すると、待ち合わせの場所に着用して持ってくるというのだ。料金を聞くと、20代の若妻が3万、30代の熟女が4万とかなり高め。これは何かあると思い、騙されたつもりで、30代の人妻を頼んだ。
待ち合わせに着用・・・と言う事は、それをどこで脱ぐのかと考えると容易にサッシがつく。

待ち合わせ場所は、13時の○○駅の噴水の前。この駅の近くにはホテルが立ち並ぶ。
食事を軽く済ませて、15分前に到着した。噴水の前で待つ事15分、携帯が鳴った。相手からだった。服装を言われると、すぐに近くにいる女性だとわかり声を掛けた。

これはラッキーかもしれないと思うほどの綺麗な女性。少し茶系の髪だが、それが余計に本物の人妻を連想させる。
その場で話をして、ホテルへと向かった。前金で4万支払うと、彼女は携帯で店に連絡を入れている。

 「下着を買ってくれたお礼に、私を抱いてくれますか?」

え?何、何???
彼女は、いきなり私に抱き付いてきた。そして、キスをする。デリヘルと違って、嬉しい展開じゃないの?
デリヘリは事務的な要素が多く含まれている。いかにも仕事で奉仕しているって感じ。でも、彼女の今の行動は、まるで本気モード。

私もそれに答えなきゃって、彼女の体を弄り、徐々に服を脱がしていく。シュツエーション的に、人妻との不倫現場そのもの。
つい、「奥さん・・・」なんて言ってしまう。

決して大きくないオッパイが私の目に飛び込んでくる。触ると、感度が良いのか、すぐに吐息が漏れる。奥さんの股を触ると、奥さんは、手を掛けどかそうとする。

 「だめ・・・シャワー浴びてから・・・」

 「じゃあ、一緒に入らない?」

浴槽にお湯を溜めている間、少し話しをする。つまりシステムをこうだ。女性の身に着けている下着を買うと言う条件でセックスをすると言うのだ。それだと、お金は下着を売った儲けで、セックス目的ではないと言う事を証明する、いわば法から逃げる手段なのらしい。本番をすると売春としてみなされ、店を長くやっていけないのだ。
本番も出来て、法に触れない。客は下着を手に入れられ本番も出来るのでリピータが付き、儲かる。

そろそろ、お湯も入ったので、2人で入る事になった。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。