アクセス解析
想像の世界~アダルト小説ブログ~ 病院で見た光景 第1話
FC2ブログ

想像の世界~アダルト小説ブログ~

昼下がりの淫ららかなひとときに・・・ 夜の眠れない時のお供としてお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺はある大学病院に入院した。ストレスが原因で胃に穴が開いたのだ。手術をして、2週間ぐらいで退院出来ると言う。

病室は4人部屋。他には50代ぐらいの人と30代の2人。もう一つのベッドは退院したばかりで空である。30代の人は長期入院しているようだが、なにせ、カーテンで仕切られているので話しも出来る感じではなかった。

入院して5日もすると自由に動き回れる。たまに外の空気を吸いに行かないと息がつまる。俺は20代の独身で、一人暮らし。見舞いに来るのは会社の同僚がくるだけ。毎日一生懸命に働いていた時は入院生活に憧れていたが、それはつまらなく退屈その物だった。
唯一の楽しみが、ナースとのお喋りだけ。

特に夜が長い。昼寝をするから中々寝付けない。消灯が10時だから余計だ。
そんな時、真向かいにいる30代の患者の様子が気にはなっていた。なにやら、ヒソヒソ話が聞こえるのだ。隣の50代の患者はイビキを掻いて寝ている。
気になった私は、耳を傾けた。どうやら、ナースが来ているらしい。カーテンで仕切られているし、暗いので中の様子は分からない。だから余計に気になる。変な想像をしてしまう。まさか・・・・?

俺は、音を立てずにベッドから起き上がり、その行為を覗こうと思った。気づかれないようにカーテンを少し開けて見ると、なんと、ナースが患者の下半身に顔を埋めているのだ。
30代の男は、ナースの白衣の中に手を忍ばせて胸を触っている。ナースの顔を見ると、もちろん知っているナース。確か、30代の結婚しているナースだ。
そのナースが、30代の男のアレを美味しそうにしゃぶっている。男は気持ちよさそうなうめき声をかすかに出している。そのうち、「うっ!・・・」と声を出したかと思ったら、ナースは顔を離し、口から白い物を出した。

気づかれてはマズイと、俺は自分のベッドに戻った。そしてナースの足音がし、病室を出て行った。
盗撮のAVとかで見ていたが、実際にそんな行為があるとは信じられなかった。
翌朝、その時のナースが昨夜何もなかったように仕事していた。
そのナースを見るたびに俺のモノはムクムクと疼く。清楚なナースのイメージが脆くも崩れていく。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。