アクセス解析
想像の世界~アダルト小説ブログ~ 特別編 「バーチャル・ラヴ」
FC2ブログ

想像の世界~アダルト小説ブログ~

昼下がりの淫ららかなひとときに・・・ 夜の眠れない時のお供としてお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の名前は涼介。子供もいて妻もいる既婚者。子供が大きくなるほどに、妻との距離が短いようで長くなり、愛情を確かめ合う事すらしなくなった。
そんな時、男は仕事に集中するか、趣味を広げるか、外で愛を探すしかない。

私は、家にいての出会いを求めたのだ。その中で恋しても、実際には会えないのだから不倫にはならない。離婚と言う最悪は起きない。

そんな安易な恋をしようとした。
ネットでは「出会い系」なるサイトがある。出会いだけを求めて気軽に会う・・・そんなサイトにも登録したが、良い出会いは恵まれなかった。

実際に会えなくても良い。文字だけで愛しあえればいい・・・。私はブログと言う日記サイトを運営していた。そこには、趣味や日記に共鳴した者同士が話し合えるコメント欄がある。そこで、書き込みしてくれたのが、「麗」と言う女性だった。

顔も声も年すらも分からない。それがネットの世界。お互いの気持ちを表現するのは文字だけ。

麗も私の事は知らない。ただ、日記を読んでくれて共鳴してくれたものと私は勝手に思い、お世辞でも嬉しかった。実際の私は、どこにでもいる男。顔も姿も自分では気に入っていない。特に腹周りを最近気にしている、いわば、おじさんだ。気持ち的には20代と変っていないのだが・・・(笑)

毎日のように、麗と話をする。そうすると、生活の中に麗と言う女性が心の中にいつのまにかいる。どんな人だろう?今日はどんなコメントを書いてくれているのか・・・?
毎日、自分のブログを見るのが楽しみになっていた。

本当は、メールで話したい・・・そんな想いも伝えたいけど言えない・・・。
メールする → 会いたくなる・・・

私は、自分に好意を持ってくれる女性を好きになるタイプ。話しかけて女性に素っ気無い返事をされると、いくら見た目綺麗な女性でも嫌いになる。逆に、なんとも思っていない女性が笑顔で対応してくれると、それだけで、素敵な女性に思えてしまうのだ。

だから、麗からコメントを貰った時から、麗と言う女性が素敵に思えて仕方ない。

そんな麗への想いが日に日に、強くなって行く。
会えるものなら会いたい。会って話をするだけでいい・・・
現実の中ではなくバーチャルで会えるとしたら、どんなに良い事だろう。

文字で会うだけでなく、心で逢える。そんな事が出来たら、すぐにでも会いに行く。

お互いの気持ちを合わせ、時間を共有し、イメージする。
会う場所は、どこでもいい。雲の上でも宇宙でも。
真っ暗い所でもいい。お互いの心で会うのだから・・・。

会った瞬間、今までの想いが、素直に出て、お互いの体はないのに、抱き合う。
口と口を合わせ、愛情の印のキスをする。
言葉は交わさない。心と心が通じ合っているから、自然と抱き合える。

2人だけの時間の共有。バーチャルな世界の中だけど、心と心が一体になる。現実のセックスの感覚とは違う、夢の世界。ひたすら、快感が続く。

宙にさ迷って、流れるままに裸同士で抱き合う。一箇所が繋がっていれば、離れる事がない。しかし、ゆったりと出口に向かっている。

現実に引き戻されるのも、後少し。終わりにしたくない。このまま出口に行きたくない。必死で我慢するが、出口に引き込まれるように、2人の体は・・・・

 「いく・・・・いっちゃぅ~~~~~!!!」

 「麗~~~~~~!!!!」

気がつけば、現実の世界に戻っていた。
夢でも見ていた・・・夢なら覚めないで欲しかった・・・
2人は現実の世界で、違う生活を続けていく。
しかし、バーチャルの中では、お互い時間を共有しあい、心と心を繋げる事が出来る。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/18(金) 10:48:41 | | #[ 編集]
雲の上で・・・・・
何も知らないから・・・
あなたの仕草に身を委ねた・・・・。
初めて抱かれる訳ではないのに
小刻みに震えてしまう。

愛おしく唇を重ねて・・・・言葉が伝ってくるような指先の愛撫。

あなたの腕の中で・・・・・
麗は女となる・・・・・・。
真っ白な雲の上で・・・・・・・・・・・。


では・・・・・
2006/08/18(金) 10:58:24 | URL | 麗 #-[ 編集]
もっと・・・
麗と言う女性を表現したかったのですが・・・また違う形で書きますね。それまでお待ちくださいね。

「バーチャル・ラブ」は、プロローグです。この先、どんな物語になるのかは、麗次第なのかも?

この物語はフィクションでありノンフィクションであって欲しいと願うをも込めています。

ただ、麗を知りたい・・・いくつぐらいの女性なのでしょうか?それだけだけでも知りたい・・・自分より上か下だけでも教えて下さい。ちなみに41です(知ってた?笑)
2006/08/18(金) 11:30:29 | URL | J&A #3VVjZltY[ 編集]
いくつを・・・・・・
望む?
2006/08/18(金) 17:25:46 | URL | 麗 #-[ 編集]
望まないよ
麗のイメージがあまりにも幅広いので、知りたいだけです。
最初は、女子高生かと思ったから(笑)内緒で教えて!
2006/08/18(金) 18:29:25 | URL | J&A #3VVjZltY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/18(金) 19:01:23 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/19(土) 07:11:45 | | #[ 編集]
ありがとう!
ごめんね。女性に年聞いて・・・
でも、これで「バーチャル・ラブ」の続きが書けそうです。続きを楽しみにしていてね。

麗の事が少しだけでも分かったから、嬉しいです。本当にありがとう!
2006/08/19(土) 09:59:21 | URL | J&A #3VVjZltY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/19(土) 13:09:42 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。