アクセス解析
想像の世界~アダルト小説ブログ~ 潮吹き
FC2ブログ

想像の世界~アダルト小説ブログ~

昼下がりの淫ららかなひとときに・・・ 夜の眠れない時のお供としてお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに、小説でない事を書いて見ます。

小説を書くに当たり、最近思うのが、性に関する言葉が、あまりにも同じで、おそらく読んでいる方は、どの小説を読んでも同じに感じるのでは?と書きながら疑問に思っていました。

そこで、もう一度、性に関する言葉を調べて、それを小説に生かそうとサイトを検索しました。

そこで、素晴らしいサイトを見つけたのです。

それが・・・「風俗広辞苑大全集」なるサイト。ここに行けば、性に関する言葉や語源まで分かる。

で、その中で見つけたのが、「男の潮吹き」だ。
女性が潮を吹くって事は、聞いた事がある。実際には見た事も当然吹かせた事もない。
じゃあ、男の潮吹きってどうやるの?

下に詳細を載せて見たので読んでください。

【男の潮吹きとは、“男の潮吹き”の肝心な“潮” と呼ばれる液体の成分であるが、オンナの潮吹きでのバルトリン氏腺液説と同様にカウパー氏腺液『我慢汁(ガマン汁・がまん汁)とか先走り汁(先走り液)』ではないかという説が有力である。尿道から出てくる透明の液体であるが、おしっこと違って無味無臭である。その潮吹き感であるが、個人差があり、射精と放尿の中間の快感という男性もいれば、おしっこを漏らした時のような浮遊感のある、くすぐったい感覚という男性もいた。
潮を吹く方法は大まかにいって二つあり、一つは誰にでも経験はあると思うが、射精をし続けると精液が出なくなっても絶頂感がやってくる。普通はここで終了するところ、更に陰茎をしごき続けると潮を吹く。もう一つの方法は、1回目の射精直後の物凄くくすぐったい状態を我慢して無理やり更に陰茎をしごくのだ。苦しいが我慢を続けてしごいていると、無色透明の液体が尿道から飛ぶ。これが男の潮吹きである。
“潮”が出てくる場所は必ず尿道であり、ペニスへの10分から30分位の長時間の刺激は必ず必要である。刺激ポイントはペニスそのものという説もあれば、尿道という説もある。刺激の方法はフェラチオや手コキなど様々であるが、気心の知れたパートナーがベターである。
また、潮を吹くまでに至らない原因の多くは、射精後に触られるのがとてもくすぐったい為、「止めてほしい」とつい言ってしまうと、パートナーがそれ以上の刺激を止めてしまうからである。そして、男の潮吹きはまだ新しい未知の分野であるとお考えの方も多いと思うが、それは異性間のハナシだけであって、実はゲイの間ではセックス時の潮吹きなど珍しいことではないのである。】

方法として、簡単に言うなら自分でしごいてイッタ後にそのまま、しごき続けると潮を吹くらしい。だが、男と言うのは、一度イケばその気が萎えてしまう物。それを続けるのは、よほどの精神力が必要だ。潮を吹きたいのなら、女性にやって貰うのが一番良い方法だと思う。

ただ・・・恥ずかしいようなきもしないでもないですが(笑)

興味のある方は、挑戦してみたらどうですか?
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。