アクセス解析
想像の世界~アダルト小説ブログ~ 老舗旅館・若旦那の日記 第13話
FC2ブログ

想像の世界~アダルト小説ブログ~

昼下がりの淫ららかなひとときに・・・ 夜の眠れない時のお供としてお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ああ~~~ん・・いい・・・諒・・・いく・・・いくぅ~~~~!!」

佐和子の腰が浮き上がる。そして、痙攣するように振動する。佐和子の息遣いが荒い。

 「ハァハァ・・・」

 「佐和子・・・・」

佐和子のアソコをよく見ると、白く濁った液体が流れ落ちて来る。
私は、佐和子の朦朧とした顔に被さり、キスをした。佐和子は、私の背中に手を回し、強く抱きしめる。

 「諒・・・欲しい・・・入れて・・・」

 「寝室に行かないか?」

私は、佐和子の両手を持ち、立たせて寝室に向かった。佐和子は、私の腕にしがみついている。足取りがフラフラしていた。
寝室に入ると、佐和子から抱きついてきて、キスをした。自ら舌を挿入してきた。

 「ウッグ・・・・ウンウン・・・」

佐和子は口を離すと、そのまま舌を這いずりながら首から下へ向けた。私の乳首を舐め回し、へそから下半身へと向かわせた。そして・・佐和子の舌は私の陰毛からアレの根元から、亀頭に辿り着いた。
私のアレは、佐和子の舌滑りによって、大きく張りのあるモノになっていた。
佐和子は、亀頭の周りを舐め捲くる。

 「気持ち良い?」

 「凄く感じるよ・・」

手を使わないで、舌だけで愛撫してくる。それが、また気持ち良い。今度は亀頭からスジを這わせ、袋にキスしたと思ったら、口に咥えて吸い始めた。

 「足を開いて・・・」

言う通りに足を開くと、舌を袋の下へ向けた。尻の穴に近い場所を丁寧に舐める。

 「うっ!佐和子・・・そこは・・」

そして・・・股の下に顔を潜り込ませ、尻の穴を舐め始めたのだ。綺麗に洗ったとは言え、尻の穴を舐められたのは始めてだった・・・しかも、快感が私を襲った。
私のアレの先っぽから、透明な液体が流れるように滴り落ちる。

それに気づいた佐和子は、手のひらで受け止め、粘着のある液体を指に付けて口に入れた。

 「美味しい・・・!」

チュパチュパと卑猥な音を立てながら、指しゃぶりしている。佐和子の目は、トロ~~ンとしていて凄くいやらしい。
そして、佐和子は、亀頭からかぷっと口に咥えたのだ。
上下に出し入れし、先っぽから出る我慢汁を舌で舐めたり吸ったり・・交互に繰り返す。

私のアレは、佐和子の刺激によって、今にも爆発しそうになっていた。パンパンに膨れ上がった亀頭派真っ赤になっている。その姿に気づいた佐和子。

 「出そうなの?このまま口の中に出して・・・飲んであげる・・・」

歯を食いしばり我慢していたが、あまりの気持ちよさに限界が来て・・・ドピュ~~~~~っと発射してしまったのだ。発射された精液は佐和子の口の中に飛び込んだ。

 「ウグッ・・・・」

アレを咥えたままの佐和子。口の端から白い物が見える。放出した私のアレは、段々と縮んで行く。佐和子はアレを口から離し、手で口を塞いだ。

 「佐和子・・・」

佐和子は、暫くしてゴックンと精液を飲み込んだ。

 「苦くないの?」

 「美味しいよ・・だって大好きな諒のだから・・・」
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。