アクセス解析
想像の世界~アダルト小説ブログ~ 隣の奥さん その4
FC2ブログ

想像の世界~アダルト小説ブログ~

昼下がりの淫ららかなひとときに・・・ 夜の眠れない時のお供としてお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全裸で、ベッドに横たわり、オレは奥さんの体を愛撫した。
奥さんは、隣に聞こえるぐらいの喘ぎ声を出している。

 「(* ´Д`*)=3 アハァァン~~~」

両足を広げ持ち上げ、オマンコをすする。
さすがに人妻だけあって、顔を手で覆ったりしない。
両手を頭の方に上げ、無防備だ。

今度は、シックスナインの形でお互いを舐めあう。
奥さんは腰を動かし、感じているのがわかる。
オレの物も、最高潮に達している。

もう、我慢出来ない!

奥さんのオマンコにチンコをあてがい、そぉ~と挿入した。

 「あん、あ~~~ん!」

中は愛液だらけ。違和感なく入っていく。
そのまま入れていくと、先っぽは子宮に到達した。
チンコの根元までどっぷり入った。

 「奥さん、奥まで入ったよ」

 「うん、気持ちいい~!激しく動かしてぇ~!」

その通り、腰を徐々に激しく動かした。奥さんも合わせるように
腰が動く。

 「はぁん!いい~~~!もっとぉ~~~!!」

喘いでいる奥さんの顔が凄くかわいく、思わず、覆いかぶさり、奥さんの口をオレの唾液で汚した。奥さんもオレの舌をしゃぶるように舐め返してきた。

そのまま抱き起こし、座位の格好で、腰を浮かす。顔には奥さんの柔らかいオッパイがあたって気持ちいい。

暫く、突いてから、今度はオレが下になり奥さんが上になった。
こうなった奥さんは、凄い!
バンバン腰を動かす。自らの両手でオッパイを触り、いやらしさ倍増である。

上下に動かすだけでなく、スクリューもあるので、オレのチンコは爆発寸前である。

やばい!ここで出すわけには行かない。

奥さんは、そのまま倒れこんできて、オレの体にオッパイを擦りつけながら、自分で動かす。

オレは、違う事を考えなければ、今にも噴射してしまいそうだ。

 「奥さん、待って!後ろからやりたい」

どうにか、主導権を取り返し、奥さんを四つんばいにして、後ろから
突き刺した。

 「あんあんあん!あはぁ~~~ん!!!いい~~!もっと!もっと!突いて~~~~!!!」

パンパンと鳴り響く。
バックでやると、どうしてもお尻の穴が目に入る。
しかし、奥さんのお尻の穴は、可愛い!

突きながら、変な事を考えてしまった。
突きながら、お尻の穴を刺激したら、どうなるんだろう?

試しに、少し指で触って見た。するとお尻がピックッとなる。

 「あん、ダメぇ~~~」

ダメと良いながら、反応は良さそうだ。
今度は、周りを強く刺激した。
すると、気持ち良いのか、声が大きくなる。

 「いやぁ~~~!だめぇ~~~!イク!いっちゃうよ~~!!」

これでもかと突いた。

 「イク!イク!いくぅ~~~~~~~!!!」

両手で押さえていた体は、力が抜けるようにうつぶせになった。
オレは、チンコを抜いて、奥さんの体を起こし、正常位で突き始めた。

 「あ~~ん!はぁ~~~~ん!」

今度はオレの番だ!
力の限り、突いて突いた。

 「また、いくぅ~~~!だめぇ~~~~~!!!」

 「奥さん、一緒にいこうね!」

 「うん!でも外に出してね!」

 「顔に出していい?」

奥さんは了解してくれた。
バンバンバン!

 「いくよ!いくよぉ~~~!」

 「いって!いって!!私もいくぅ~~~~!!!」

直ぐにチンコを抜き、奥さんの顔にドピュっと精液を放出した。
溜まっていたせいか、結構な量が出た。
奥さんの可愛い顔が、精液まみれになってしまった。

ティッシュで拭こうとしたら、静止され、オレのチンコを綺麗に舐めてくれた。こんな事は、もちろん初めてだったので、嬉しかった。

少し、余韻を楽しんでいるのか、奥さんは寝たままだった。オレは、奥さんの顔に付いている精液を綺麗に取り、ついでにオマンコも拭いてあげた。

時計を見ると、夜の10時を回っていた。

 「旦那さん、もう帰って来たんじゃない?」

 「あ!本当だ・・・私帰らなきゃ」

奥さんは急いで、服を着た。乱れた髪をオレのクシでとかし、急いでオレの部屋を出ようとした。

 「大丈夫?」

 「平気よ。なんとか誤魔化すわ。それより、今日はありがとう。凄く素敵な夜だったわ」

帰り際、ほっぺにキスをしてくれた。
奥さんの事が心配で、そぉ~っとドアを開け、覗いていたら・・・

 「大丈夫よ。まだ帰ってないみたい」

 「じゃあ、中に入れないね」

奥さんの右手には鍵があった。

 「あれ?」

 「ウフ!スーパーの袋の中にあったの。隠しててゴメンネ!じゃ、おやすみ!」

奥さんは、笑顔で自分の部屋に入っていった。
と言うことは、食事を作る時に見つかっていて、それを隠してたわけ?
それなのに、オレと・・・

その夜は、中々寝付けなかったのは言うまでもない。



      おわり

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://janda.blog1.fc2.com/tb.php/65-bdaaf8ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今日のオカズ…(ここだけの話…無修正デス)
2005/09/28(水) 23:36:19 | マンコ▽動画▽マンコ▽動画▽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。