アクセス解析
想像の世界~アダルト小説ブログ~ 上司の奥さん その3
FC2ブログ

想像の世界~アダルト小説ブログ~

昼下がりの淫ららかなひとときに・・・ 夜の眠れない時のお供としてお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大きく開いた足の間に、顔を埋め、奥さんのアソコを広げた。
クリは大きく勃起していた。指で触ると、奥さんは体を反りながら
喘ぐ。

 「ああ~~ん!そこぉ~~~!舐めてぇ~~~!!」

舌を近づけ、微妙に舐めてみる。

 「もっとぉ~~じらさないで~~~!」

お尻の穴のほうから、パックリ開いたアソコをクリに向けて舐めた。
アソコ独特のいやらしい匂いと味がした。
淫汁が、ほとばしる。その液体を注チュチュチュゥー吸った。

自分も舐めて欲しくて、奥さんの顔の方に下半身を向けた。
すると、すぐに私のアレを握り、口に持って行き、ペロペロし始めた。



シックスナインの形でお互いの恥部を舐めあう。
こんな状態を、係長に見られたら、どうなるのか?

こうなったら、そんな事考えても仕方ない。
奥さんの体を自分の物にする。性欲の方が勝っていた。



もう、入れたくなり、奥さんの上に乗っかり、アレをアソコに入れた。
ニュルッとした感覚で、スンナリ入った。
もちろん、ゴムの用意をしていないので、生入れである。
奥さんは、嫌がらなかった。

根元まで入れ、ピストン運動を繰り返すごとに、奥さんの押し殺した喘ぎ声がいやらしい。

今度は、奥さんをうつぶせにし、バックで突く。
悲鳴に似た喘ぎ声が、奥さんの口から漏れる。

奥さんの腰も、私の動きに合わせて動く。
枕で口を押さえる奥さん。

 「イクぅ、いくぅ!」

漏れる声から、1回昇天したようだ。
それでも容赦なく、突き続ける。
今度は、正常位に戻し、お尻を上げて足を持ち、上から突く。
奥さんは、口を手で押さえる。

 「うぐぅ・・・・ぁぁぁぁぁ・・・」

さすがに私も、いきそうになってきた。

 「奥さん、顔に出していい?」

奥さんはうなずいた。
私は、力の限り突き捲った。突いて突いた。

 「奥さん、いくよ!いくよぉ~~~~!!!」

 「ぃってぇ~~~~~!」

最後に奥さんの声が響いた。
私は、アレを抜き、奥さんの顔に急いで持って行き、思いっきり
精液を放出した。久々に出したので、量は多かった。

奥さんの顔は精液まみれになった。
奥さんは、それを拭こうとしないで、ただ放心状態のままだった。

私は、奥さんの横に寝転び、オッパイを揉みながら、そのままうつ伏でいた。

暫くして、私は起き上がり、奥さんの顔をティッシュで拭いた。
奥さんは、すく起き上がり、服を着始めた。

 「奥さん、ありがとう・・・後悔していない?」

 「もちろんよ。後悔どころか、凄くよかった。」

奥さんはそう言って部屋を出た。
気になったのか、2階に上がり、暫くしてから降りてきた。
私は、リビングでタバコを吸っていた。

 「係長は寝てました?」

 「うん、いびきかいて寝てたわ・・・私、シャワー浴びてくるわ」

 「一緒はダメ?」

 「え?・・・いいわ」

2人で風呂場に向かった。


       つづく
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://janda.blog1.fc2.com/tb.php/68-975c65fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。